Top >  医療事務について >  医療事務と医療保険

医療事務と医療保険

医療事務の仕事は医療機関の経営にかかわる重要な業務だとお話しましたね。
それでは、医療機関の経営にかかわる重要な業務といわれる医療事務はどんな仕事だと思いますか?
それは、医療報酬の計算と請求といった業務を示すのです。
医療報酬の計算・請求といわれてもいまいちピンときませんよね。

それなら、計算と請求ならなんとなく意味が理解できますか?
医療報酬とは医療保険から支払われる「治療費」のことを示します。
どこに支払われるかというと医療機関にです。
医療報酬の計算は治療費の計算でありし、医療報酬の請求とは治療費の請求であるとご理解いただけたと思います。
医療機関が医療保険に診察した患者さんの治療費を請求するということですよね。

話は変わりますが。治療費の負担についてご存知ですか?
現在は、病院でお医者さんに診てもらったら、その患者は治療費の30%を払うようになっていますよね。
そう、受診した患者が治療費の全額を支払うことはないと思います。
よく聞かれるのは治療費の3割の負担です。
それはほとんどの人が変わりないと思うのですが・・・
でも、それではだれが残りをどうやって支払うのでしょうか ?

 <  前の記事 医療事務の仕事とは・・・医療に特化した事務  |  トップページ  |  次の記事 医療費の負担金額は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/4953

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「医療事務~女性に人気の仕事~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。