Top >  医療事務について >  医療費の負担金額は

医療費の負担金額は

治療費の負担についてですが、このことに関してニュースになったこともあるのでご存知の方も多いかと思います。
病院にかかって医師に診察・治療してもらった場合、治療費は患者が全額負担支払っている・・・という訳ではありませんよね?
領収書を見ていただいたらわかるかと思いますが、全治療費の30%を私達治療・診察を受けた人間が支払います。
(年配の方だとこの治療費の支払うパーセンテージはかわりますが・・・)
治療・診察を受けた人が全治療費の30%を支払うということは、残りの70%はどうなるの?と思いますよね。
この残りの70%は税金から支払うのではありません。
地方自治体や国といった「行政」が残りの治療費の70%を支払っているのです。
地方自治体や国といった「行政」が支払うと聞いたら税金から支払っているイメージに取れますよね。

 <  前の記事 医療事務と医療保険  |  トップページ  |  次の記事 医療事務という仕事の印象は?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/4978

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「医療事務~女性に人気の仕事~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。