Top >  医療事務関連 >  医療秘書とは

医療秘書とは

医療事務という仕事をするのに取っていたら就職に有利になるであろう資格について書きました。
前回、紹介した厚生労働省が主催の「診療報酬請求事務能力認定試験」という資格試験です。
そして、2つめは財団法人メディカルクラーク(日本医療教育財団)が実施している「医療事務技能審査試験」という資格試験について紹介します。
この「医療事務技能審査試験」という試験は、30年以上実施されている歴史の長い試験なんだそうです。
3つめに民間資格の「医療秘書技能検定」という試験です。
これは医療秘書全国協議会という団体がおこなっている資格試験なのです。
試験名に「医療秘書」という文字が入っていますね。
医療秘書とは一般企業で言われる「秘書」と同じ意味合いなのだそうです。
医者の中でも院長クラスや部長クラスになると病院内だけの診察だけでなく外から仕事を依頼されることも多くなります。
そうなると「秘書」という仕事を管理してくれる人が必要となるのです。
ここで一般企業との違いは、医者の秘書は医療関係の知識が必要なので、この医療秘書という資格試験ができたのではないでしょうか。

 <  前の記事 医療事務の試験とは  |  トップページ  |  次の記事 医療事務の仕事の人気の理由  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5000

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「医療事務~女性に人気の仕事~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。