Top >  医療事務の仕事 >  医療事務、水増し請求って?

医療事務、水増し請求って?

医療事務のメイン業務が重要だと紹介しましたね。
治療費の30%は診察・治療に来た患者が支払いますが、残りの70%は国や健康保険組合といったところに請求します。
請求の際にはカルテとレセプをそろえて請求しないと支払ってもらえないのです。
そして、これらが辻妻が合っていない場合でも支払ってもらえないのです。
辻妻が合っていれば支払ってもらえるのならその逆で無理矢理にでも辻妻を合わせたらどうでしょうか?
医療機関は少しでも多く診療行為をし、診療点数を稼ぐことを考えますよね。
少しでも多く診療行為をする・・・それによって診療報酬が増えるのですから。
ですので、必要のない診療行為も行ったことにして診療報酬を請求し、その辻褄を合わせるため診断には必要なかったもしくはなかった病名を追加する・・・そういった行為がなされることも実際にあるようです。

 <  前の記事 医療事務、取りこぼしって?  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5122

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「医療事務~女性に人気の仕事~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。