Top >  医療事務の勉強 >  医療事務に必要な知識とは

医療事務に必要な知識とは

医療事務の仕事に就くには・・・当然、経験者が優遇されますよね。
そして、応募者の人柄。
最後に能力があることの証明として使われる「医療事務に必要な知識を持っていることを証明する資格」を持っていたらいいかもしれません。
ですが、この「医療事務に必要な知識を持っていることを証明する資格」とはどんな資格でしょうか?
「医療事務に必要な知識を持っていることを証明する資格」という資格は医療事務の実務経験がなくても医療事務の業務能力があるということを証明する資格試験なのです。
医療機関は資格がないと仕事ができない職種が沢山あります。
例えば看護師・リハビリ技師・医師・臨床検査師といった人達です。
上記にあげた人達は「国家資格」を持っていないと仕事ができません。
看護師・リハビリ技師・医師・臨床検査師といった仕事をする人が国家資格を持ってない場合は「もぐり」となり犯罪行為なのです。

 <  前の記事 医療事務 求人について  |  トップページ  |  次の記事 医療事務 資格とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/4997

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「医療事務~女性に人気の仕事~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。